双極性障害は治療しよう|明るい生活を送るために

男性医師

対極の症状が現れる疾患

メンズ

躁と鬱の症状が現れる疾患

昔は「躁うつ病」とも呼ばれていた、気分障害に分類させる精神疾患を双極性障害と言います。うつ病と症状は酷似していますが大きな違いとして、うつ症状とともに対極の「躁状態」も現れるのが双極性障害の特徴です。うつ状態と躁状態を交互に繰り返し続け、大変気分のムラが大きい慢性の精神疾患とされています。「躁状態」とは異常なほど気分が高揚しており、周囲に多大な迷惑をかけてしまう激しい状態のことを指します。躁状態は、激しい気分の高まりが原因で人間関係や日常生活に支障をきたす場合には、入院が必要とされています。寝なくても平気、普段より元気で調子が良い軽度の躁状態を「軽躁状態」と言います。軽躁状態は入院の必要はなく、周囲から元気過ぎると思われる程度で、人間関係や日常生活に殆ど支障はきたしません。うつ症状に加え、入院が必要なほどの激しい躁状態が現れる双極性障害を「双極性障害I型」と言います。そしてうつ症状と、少し元気過ぎるくらいの軽躁状態が現れる双極性障害を「双極II型障害」と言います。双極性障害は、うつ状態の際には死にたくなる「自殺欲求」が現れ自身の生命が危険になり、躁状態が現れると周囲からの社会的信用を失う可能性が高く、どちらの症状に置いても細心の注意が必要な精神疾患とされています。

躁と鬱が現れる疾患の治療

双極性障害の治療は主に薬物療法と、心理療法を組み合わせて行います。薬物療法は「リチウム」の使用が基本となります。リチウムは躁状態、うつ状態両方の予防と、さらには自殺欲求の抑制にも有効なのです。ただしリチウムはその効果の高さから、副作用も大きな薬です。副作用として、下痢や食欲の低下、のどが渇きやすくなるなどの症状が現れます。さらに「手の震え」が最も顕著に現れるリチウムの副作用です。手の震えは長期間続く場合がほとんどで、日常生活において大変やっかいな副作用と言えます。そして双極性障害の治療として、心理療法は最も重要な治療法とされています。双極性障害はストレスは悪化の要因とはなりますが、単なるストレスが原因の心の悩みではありません。そのためカウンセリングのみで症状を改善することは出来ないのです。心理療法はまずは双極性障害の症状や特徴、そして薬物療法の効果と副作用を患者自身にしっかり理解・納得してもらうことが重要となります。そして双極性障害の症状が出る初期兆候の把握も大切です。初期兆候の時点で治療を始めることで症状を軽度で抑えることができ、悪化の要因となるストレスの軽減に繋がるのです。そして双極性障害の治療として早寝早起き、適度な運動といった規則正しい生活を送ることも症状の改善に繋がります。