双極性障害は治療しよう|明るい生活を送るために

男性医師

繰り返される躁とうつ状態

医療

躁状態の様々な症状

双極性障害は精神病の一種でその性質はいささか極端なものです。人は誰でも喜びと悲しみをそれなりに感じるものですが、双極性障害においてはその度合いが大幅に深まるという極めて特異な面を持ち合わせているのです。気分が落ち込むうつ状態と、気分が高まる躁状態を一定の期間繰り返し、その反動で心身ともに疲れ切ってしまう病気です。発症年代は20代から30代が顕著で、どちらかといえば男性よりも女性の方が多いとされています。躁状態の時には気分がひたすらハイになります。心が穏やかという段階を遥かに通り越して極端な高揚状態に移行し、普段は物静かな人であっても周りが別人かと思うほど多弁になるケースもあります。相手に言葉を挟ませる隙を与えないほど一歩的に喋りまくり、その後急激にトーンダウンして無口になる双極性障害患者もいるほどです。ハイテンション状態がひたすら継続するというイメージが最も分かりやすいかもしれません。また、眠気を感じずに全く眠らなくても平気な場合もあります。眠気は健全な人間ならば誰もが感じるものですが、それを感じないところに双極性障害の怖さがあると言えるかもしれません。さらに金銭感覚がマヒして衝動買いを繰り返すという症状も多く見られます。

主な治療方法

双極性障害のほとんどの遠因はうつ状態によってもたらされる事が多いです。また、躁状態よりもうつ状態の方が表面上に強く出る回数が多いためか、通常のうつ病と診断されるケースがあるのも厄介な点です。もちろん、双極性障害はうつ病とは似て非なる病であるため、抗うつ薬を服用しても改善に結びつく事はほとんどありません。それどころか抗うつ薬の種類によっては逆に症状が悪化してしまう怖れさえあるのです。それゆえに双極性障害の治療には専門の医療機関および専門医による正確な診断が不可欠なのです。うつと躁は原因も違えば用いる治療薬も違うからです。うつ病として治療を受けていても中々改善の兆候が見られない時には双極性障害の可能性を疑ってみる必要があるのです。主な治療方法としては精神安定作用のある炭酸リチウムという薬が使用されます。これによって極端かつ突発的な感情の起伏がある程度コントロールされ、精神的負担を軽くする事が出来ます。精神面が徐々に安定してくると身体にかかる疲労もまた軽減されるので、少しずつ健康な状態に向かう事が出来るのです。ここで注意すべき事がひとつあります。自分の勝手な判断で「もう病気は治った」と思い込んで薬の服用を中断しないようにしましょう。心の病気は再発しやすいという特徴があるため、治療薬の使用期間は医師の指示にしっかりと従う必要があるのです。