双極性障害は治療しよう|明るい生活を送るために

女医

ハイテンションでも要注意

カウンセリング

双極性障害とは一般的な抑うつ状態とハイテンションの躁鬱状態が繰り返されることでメカニズムに関してははっきりわかっていません。よって様々な問題を一人で抱え込まないでストレス発散、支援できる環境づくりが予防に大切となってきます。

View Detail

対極の症状が現れる疾患

メンズ

双極性障害とは気分の激しい状態の躁状態と、気分が落ち込み自殺欲求が現れることもある、うつ状態が交互に起こる精神疾患です。治療法はリチウムを用いた薬物療法と心理療法が主体となります。心理療法においてはまずは患者自身が双極性障害の特徴や症状についてしっかり理解することが重要とされています。

View Detail

気分の波が出る病気です

顔を押さえる男性

若年層に多く発症します

双極性障害は躁とうつの症状が交互に現れる病気です。初期には単極性気分障害のように抑うつ症状のみが発症します。急激にうつ病が発症したり、比較的重度の抑うつ状態の場合、双極性障害へ移行するケースがあります。幻覚や妄想、精神病症状を伴ったうつの場合には特に注意が必要です。単極性気分障害が比較的中高年に多く現れるのに対し、双極性障害は20代前半に多く発症します。発症率は単極性障害よりも少ない傾向にあります。発症する性別差は男女半々で、更年期障害と関連のある単極性障害は女性が男性の倍の発症率になることから、傾向がかなり異なります。双極性障害は共通する抑うつ症状には気が付いても、躁の症状は気が付きにくいものです。調子が良いだけと勘違いしてしまい、気が付いた時には症状が進行しているケースもあります。主な症状に、異常に気分が盛り上がり、歯止めなく話をすることがあります。感情が高ぶりすぎて判断力に欠け、怒りっぽくなることもあります。また、寝なくても疲労感がなく、異常な身体能力を発揮することがあります。ブレーキが効かなくなるために、お金のことを考えずに買い物やギャンブルを行う例もあります。日頃からその人の素行や性格とかけ離れた症状が出ている場合、配慮が必要です。

慎重に治療を行います

躁うつ性障害の初期症状は抑うつ症状が目立つようになります。主な原因に生活環境から過度なストレスがあります。感情をコントロールしている脳内情報伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンのバランスが崩れ、感情表現がうまくできなくなります。また、いくつかの遺伝的要素が組み合わさって発症するといわれていますが、全貌は解明されていません。治療は躁とうつの波に振り回されないで、安定した状態をいかに作り出すかが課題になります。単極性障害の場合抑うつ症状を整える抗うつ薬を使用しますが、双極性障害では抗精神病薬や気分安定薬を使用します。抗うつ薬を投与しても効果がなかったり症状が悪化することもあるため、診断と治療方法の選定は慎重に行われます。悪化すると躁とうつの波が大きく、サイクルも早くなります。精神科や心療内科では薬物療法と共に臨床心理士によるカウンセリングも行われます。精神療法は凝り固まったマイナス思考をよりポジティブなものに変わるよう導きます。回復しても症状がぶり返す場合もあり、中長期に治療が必要になります。徐々に回復していくと普段の生活環境でも適応できるようになります。若年層には気軽に悩み事を相談できる場所が必要です。多感な時期だからこそ家族や周囲の配慮が大切といえます。

繰り返される躁とうつ状態

医療

人の感情の起伏は大なり小なり山と谷があるものですが、双極性障害はそれが極端になります。それは心の状態が不安定である事を意味するので早急な治療が必要です。また薬の服用に関しても、しっかりと医師の指示を仰ぐようにしましょう。

View Detail

うつ病に似た病気

下を向く男性

双極性障害は、気分障害の一種で気分が良く活動的になる躁状態と、気分が沈み何もやる気が起きないようなうつ状態の二つの症状を合わせ持っています。回復するには、出来るだけ病気の知識を身に付け、信頼できる医師を探すようにし、しっかり薬を飲み闘病日記をつけることです。

View Detail